FC2ブログ

『気持ち』を大切にしましょう(男性は特に)

IMG_1947.jpg
女装メイク&前立腺レッスン準備中〜

前立腺レッスンをする上で一番大切な事ってなんだかわかりますか?
これは圧倒的に『気持ち』です。

一般的にアナルを弄る時に重要視されてるのはアナルの物理的な拡張だったりするんですが、
メスイキするために重要なのは圧倒的に『受動的(受け)な思考』であって、ソレが出来て初めて心身ともにリラックスしたSEXが出来る…というのがメスイキするためのSEXの基本です。

心身ともにリラックスするのは大事なのですが、だからといってSEXで興奮しないのか?…というとそんな事もなく、極端に言えば『利己的なリビドーと自己陶酔で構築された興奮』がオスイキの本質なので、その真逆のモノの中に存在する興奮はもちろんあります。

雪凛の語彙力だとその説明だけで1000字くらいかかってしまうと思うので今は割愛しますが、そう言った『興奮のしかたの方向』についての指針(?)を雪凛は包括的に『マインド』と言ってます。

前者が『攻め(オス)マインド』後者が『受け(メス)マインド』ですね。
ちょうどベクトルの矢印の向きが正反対のものという事だと思っといてください。

で。

男性がオスマインドから離れるというのはなかなか難しいモノなんです。
理由は過去エントリーやこれからもいっぱい書きますので今は割愛(; ^ω^)

で、そんな男性のオスマインドを引っ剥がすのにわりと効果的なモノに『女装』があります。

IMG_1950.jpg この日は何気に雪凛のお古で構成されてる女装セットでしたw

アンチオスマインドとしての女装の何が良いかというと、単純に『日常の自分と別に人間になる』という事です。

ただね、中途半端な女装だと『日常の(男の)自分が女装してる』というとてもガッカリな現実を見せつけられてオスマインドを増長させてしまい返って逆効果になります。

ソレはメイク自体のテクニックもあるんですけれど、、、
多くのガッカリな女装経験を持つお客様の話を聞いてるとですね、どうも違うんですね。
ガッカリ女装は(メス)マインド構成がおろそかなんです。

優秀なメイクさんやカメラマンさん、美容師や理容師もですし、映像関係の監督なんかも同じなんですけれど、優れた技術者や職人は『対象の隠された表情』を引き出すのが上手です。

ぶっちゃけ人相手の職人はメイクやカットなどの技術力自体よりも、ソレを用いていかに対象者の表情を引き出すか…ソレに全てがかかってると言っても過言ではありません。

業界disりになりますが『メイクテクニック』のみ駆使してお客を置いてきぼり…というメイクするとこ多いですね。
上手なメイクであればあるほど、お客の表情のを悪い意味で増長してしまいます。

雪凛がするメイクなんて実際のメイクさんの施術に比べれば本当に単純な事しかしてません。
だってお部屋の中でメスイキする為に気分をアゲる(変身した自分に"わぁ"って思ってもらう)のが主目的で、その後そのまま女装で外出する訳でも無いので、例えば『ヒゲをしっかり隠す』なんてしません。
でも、本人が鏡を見たときに『わぁ、これが私?』ってなります。

簡単に言うと『メイクは顔じゃなくて表情を飾るモノ』と説明して、良い表情を作る為のマインドづくりを欠かさないからです。

とても簡単な事なのですが、本人の『目にキラキラ光が入る』表情を出せれば勝利です。
必ず『わぁ、これが私?』になります♪


ぶっちゃけ、ソレは普通の女性も同じですよねぇwww



どうにも『女装』と言う様々な先入観が呪いになって本質的な部分がごそっと抜け落ちてる話が多すぎますね。
その原因は多分女装に対する『精神的なマウンティング』が根底にあると思うんですが、ソレはまた別の機会に語るとして、ともかく『これが私?』にできたらこっちのモノですw
ソレすなわち本人が鏡の中の自分を『"別人"認識』できたと言うことに他なりません。

この別人マインドとはつまり『限りなくオスマインドがリセットされてる状態』とも言えます。
マイナスがリセットされてるので、あとは少しづつでもプラスして行けば良いだけですからw


全ての人に当てはまる事かどうかはわかりませんが、そう言うアプローチでメスイキ山の入り口に立てるようになる人が数多くいることも事実なのですよん♪



関連記事